クリーニングは仕上げが肝心|パリッと仕上がる衣類

上手に利用するために

ワイシャツ

できることはやっておく

クリーニング店を利用する人が多いのですが、余計なトラブルに巻き込まれないために、事前にやっておきたいことがあるので、この機会に覚えておくことをおすすめします。まず、他のお客さんのものと取り違えられないように印を付けておき、そのことを店員さんにも見てもらいましょう。同様に、汚れを見落とされてしまわないように、シミなどの近くに目立つ色の糸で印をつけておくというのも有効です。取れかかっているボタンは、クリーニングの途中で外れて無くしてしまう可能性があるため、しっかりと縫い付けておくか、いっそのこと外してしまい、仕上げでもらった後で付け直しておくと安心です。また、上着やズボンのポケットには、何も入っていないことを確認しておくと良いです。

戻ってきた後にすること

クリーニングをしてもらった後にも、やっておきたいことがあります。それはきれいに仕上げてもらえているのかはもちろんなのですが、スーツなど色落ちや型崩れしていないかを見ておきましょう。できればカウンターで行なっておくべきで、自宅に持ち帰った後では、取り合ってもらえない場合があります。クリーニング店で仕上げてもらい、その後大切にタンスの中にしまっておいたはずなのに、カビが生えていた、などということがあります。これはクリーニング店が仕上げに手を抜いたわけでなく、ビニールに入ったままにしたため、湿気がこもってしまったことが考えられます。そのため、ビニールから出して、風通しの良いところに干してから片付けるようにしておくと防げます。