クリーニングは仕上げが肝心|パリッと仕上がる衣類

衣類を綺麗にするために

洗濯物

制服やスーツ等が汚れてしまった時には、専門のクリーニング店のサービスを利用してみることをオススメします。プロフェッショナルならではの美しい仕上げをしてくれるため、気持ち良く袖を通すことができて便利です。

More Detail

衣類の洗濯

笑顔の女の人

プロの技が役立ちます

衣類の種類によっては、立体的な仕上がりが求められます。ワイシャツを始めとするシャツ類やジャケットなどは、実のところ仕上げが難しいのが常です。素人の場合には肝心な部分にハリが出せないことが多く、平坦な仕上がりになってしまいます。糊付けする際にも、やはり仕上りの点では見劣りしてしまうことがほとんどです。こうしたことから特に仕上がりを気にする衣類の場合は、仕上げに定評があるクリーニング店を利用するのが一つの方法です。こういったクリーニング店では、特殊なアイロン台や技術を駆使して隙のない仕上がりを実現します。着用したときの着心地も良く、型崩れがしにくいのも大きな魅力です。仕上げにこだわる場合は、プロの技が役立ちます。

アレルギーに注意します

クリーニング店で仕上げをしてもらった場合は、着用したときに異常が現れないかとチェックしておくことが大切です。仕上げ剤として使用する溶剤の中には、時にアレルギー反応を引き起こすものが見られます。肌が敏感な方やアトピー体質の方は、特にこういった溶剤に気を配ることが必要です。最近では、天然の糊を仕上げに使用するクリーニング店も見られます。衣類は、肌に密着することが多いのが特徴です。ですので、万が一アレルギー反応が生じると症状が重くなる可能性があります。皮膚に直接触れる場合はもちろんのこと、成分を吸い込んだだけでも何らかの影響が出ることがあるのが問題です。従って、新しいクリーニング店を利用した場合などは特に体調の変化に注意します。

依頼先の選び方

アイロンと洋服

スーツやコートに適しているところや、毛皮や革素材をきれいに仕上げてくれるところなどさまざまなので、クリーニング店を使い分けましょう。あらかじめ衣類のチェックをしておけばトラブルを防げます。中には修理してくれたり、自宅まで取りに来てくれる店舗があるので便利です。

More Detail

上手に利用するために

ワイシャツ

クリーニングに出す前に、自分のものだとわかるように印を付けたり、汚れを見落とされてしまわないように、シミのそばに目立つ色の糸を縫い付けおくと良いです。仕上げてもらった後は、色落ちや型崩れがないかチェックし、ビニールから出して干しておきましょう。

More Detail